FC2ブログ

野球写真 ~内野三塁側~

野球の写真を中心としたブログ。 プロ、アマチュアを問わず足が向いた試合を撮影しています。関東在住。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東都】入替戦をめぐる攻防

また更新の間が空いてしまいましたが、今日(5/29)で東都の2012年春季1部リーグは全て終了。私自身は全16試合を撮影することが出来ました。撮りためた写真をもとにまたちょこちょこ更新していこうと思います。

■2012年東都春季1部リーグにて撮影した写真はこちら



さて、今日(5/29)は東洋大学vs日本大学の最下位決戦でした。
3回戦の今日は負けた方が入替戦にまわるという結末が控えていて、両校ともに意地のぶつかり合いが予想されました。

勝利への気持ちは両校とも差が付けられないものではありますが、特に春5連覇を成し遂げていた東洋大学としてはなんとしても入替戦は避けたい所。

試合は12時に開始しました。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_098

日大の先発は山井投手。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_388
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_387
東洋大学は1回戦でこの山井投手に抑えられて負けています。

展開は、山井投手が案の定の好投で東洋大学は5回までパーフェクトに抑えられてしまいます。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_238
↑主将の緒方選手(背番号1)、自分の打席の後に岩井川選手にアドバイス(2回表)

12-05-29_東洋vs日大_3回戦_262
岩井川選手はあえなくショートゴロ(2回表)

東洋大の先発は藤田選手
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_267
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_275
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_268

細身で柔らかく関節を使いながらも鋭い投球をするピッチャーです。

日大は4回裏にキャプテンの山口選手がヒットで出塁した後、4番村田選手もヒットでエンドランに成功し
チャンスをつくります。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_429
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_435
↑ヒットを放つ村田選手

12-05-29_東洋vs日大_3回戦_430
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_432
↑激走するキャプテン山口選手

ここで東洋はバッテリーごと交代。
ピッチャー能間選手、キャッチャー藤本選手の3年生バッテリーです。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_452

12-05-29_東洋vs日大_3回戦_465
↑能間選手

12-05-29_東洋vs日大_3回戦_473
↑藤本吉紀選手


しかし、ここで5番の斎藤選手がセカンドゴロを放つも併殺崩れの間に1点入り、日大が先制しました。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_487
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_490
↑先制し喜ぶベンチ。キャプテンの山口を出迎える。


劣勢に立たされた東洋ですが、チャンスは7回表でした。
先頭の藤井選手がヒットで出塁。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_799
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_798

2番の森選手が送りバントを決めた後、日大バッテリーはタイムをとり監督を交えて話をします。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_814

日大バッテリーは2回戦でホームランを打っている3番戸田選手を敬遠。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_834

勝負はケガで満身創痍ながら出場を続けるキャプテン緒方選手に託されました。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_838

緒方選手、最初は慎重に球を見ます。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_852
その後、1人で確認するように小さく数回頷くのが見えました。恐らく狙い球に間違いがないことを確信したのか。

その後、ファールで逃げた後、ここぞとばかりに会心の当たり。
打球はライト線タイムリーツーベースとなり1人還って同点。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_860
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_858
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_859

どちらかといえばクールでポーカーフェイスな印象の緒方選手ですが、このときばかりは力強いガッツポーズで喜びを露わにしました。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_869
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_870

チームも喜びを爆発させます。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_875

そして勝ち越しの点につなげたのは、緒方がケガで不在の時に副将としてチームを引っ張ってきた戸田選手でした。5番、代打渋谷選手のファーストゴロで迷わずに本塁へ突っ込みセーフ。一か八かのプレーでありながら、気迫が勝った走塁でした。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_926
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_928
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_930

その後は能間選手が素晴らしいピッチング。
ヒットを許しても監督の絶妙な間の取り方で危なげなく乗り切ります。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1004

12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1138
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1258
下半身ががっちりしていて上背もある能間くん、今までリーグ戦にほとんど登場しなかったのが不思議なぐらいいいピッチャーで秋は彼に期待が出来そうです。

8回表、東洋は7回2アウトから代わった日大のピッチャー湊選手から死球を皮切りに藤井、森の連続ヒットでさらに1点を追加します。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1070
↑日大、湊投手

12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1091
↑藤井選手がタイムリー

12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1104
↑生還した藤本選手がハイタッチ

これ以降は日大はなすすべなく抑えられ試合終了。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1261

12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1343
東洋大学が勝利し、日大が入替戦へまわることとなりました。

12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1304

↓ウイニングボールを能間選手に手渡す緒方凌介選手
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1307
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1311

能間選手、非常に嬉しそうでした。
12-05-29_東洋vs日大_3回戦_1316




入替戦をめぐる攻防は東洋大が粘りの逆転勝利という結末となりました。結果的には春、打撃でいいところがほとんどなく、ケガに泣いていたキャプテンの緒方凌介選手が意地を見せ勝利に結びつけた形となりました。同点打を放った打席での緒方選手の姿は非常に自信に満ちたもので、これはいい当たりがでるに違いない、そう思わせる打席でした。そしてその通り会心の二塁打。その後に続いた戸田選手の本塁への執念のスライディングも、ケガながら二塁打を放った緒方選手への最高の応え方だったのかもしれません。

日大は惜しくも入替戦へ回りましたが、流れに乗ったら手が付けられない勢いを持つチームなだけに東洋大1回戦で見せたような気迫が期待されます。

4年生にとっては最後のシーズンとなる秋に向けて、この両校にはさらに意地を見せて強くなってほしいものです。
スポンサーサイト

テーマ:社会人野球、大学野球 - ジャンル:スポーツ

【東都】4/18の試合写真から:東洋大の選手達

放置していたこのブログですが、気まぐれに再開してみます。
最近は主に東都を中心とした大学野球と関東圏の社会人野球の撮影に赴いています。撮影した写真はこちらのFlickrというアルバムにアップしていますが、時間のあるときなどはこちらのブログでも紹介しようと思っています。

…が、またいつ中断するかわかりませんので、あしからず。




まず手始めに4月18日の青学vs東洋の試合から。
→試合結果はこちらの東都大学リーグのサイトを参照ください。

東洋大は東都リーグの中でも特に気にして、出来るだけ観戦している大学ですが、開幕前から藤岡、鈴木大地といったビッグネームだけでなく主軸だった4年生がいっきに卒業してしまったことで少々不安に思っていました。

今春はリーグ戦が始まる前のオープン戦で東洋を見る機会が数回あり、その時の印象と写真もあるのでそれはまた後日改めて。


2012/4/18 東都春季 青学vs東洋 1回戦

12-04-18_青学vs東洋_1回戦_025

2012年シーズンの主将は緒方凌介、副主将は戸田大貴、岡翔太郎です。
この3人を中心に、3年生、2年生、また時には1年生がラインナップに顔を並べるのが春季リーグ前半戦時点での東洋大です。


今回は試合から日が経ってるということもあるので、試合の流れはその他のニュースサイトにお任せするとして、ここではこの日の選手の写真を載せていくこととします。

副主将の戸田大貴選手(4年生)
昨年に引き続き主にファーストを守っていますが、試合展開等により試合後半からサードにつく姿も最近見られます。
戸田大貴 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_074

1回表、戸田が青学の福島からレフト前適時打を放ち先制した場面。
戸田大貴 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_160
戸田大貴 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_162

もう1枚、打席での姿を。
戸田大貴 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_1262
恵まれた体格で選手名簿では180cm、82kg。
打席に立つと非常に大きく感じます。また比較的小柄な選手が多い東洋大では特に体格が目立ちます。




主将の緒方凌介選手(4年)
緒方凌介 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_082

このように打席に入る前には丁寧なお辞儀をする緒方選手。
12-04-18_青学vs東洋_1回戦_617

これは昨年までの主将で、千葉ロッテマリーンズにドラフト3位入団した鈴木大地譲りの所作。
↓大学代表選抜合宿での鈴木大地(当時4年)
鈴木大地 11-06-17_日米大学野球選考合宿_1693

この伝統が来年以降も引き継がれるのか…?それもまた楽しみです。

ちなみに緒方主将、4/25に行われた駒大との試合ではスタメンを外れ、ベンチ入りもしていませんでした。どうやら右膝を痛めたとのこと。この写真の青学戦でもノーヒットが続くなど苦しんでいる様子だった緒方主将。主将としての役割など、前年の鈴木大地の壁が大きいことで色々と苦悩もあるのではないかと考えてしまいます。




セカンド坂本一将(4年)
坂本一将 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_1046
小柄な体格を活かしたプレーが印象的な選手です。
脚もとても速く、守備には不安がありません。
リーグ戦前のオープン戦では下位を打っている姿を多く見かけましたが、粘りのファール打ちや小技の効いた動きなどを活かして上位打線に名前を並べるようになりました。当初は2番が多かった坂本ですが、最近では1番に座ることも多いようです。

キャッチャー藤本吉紀(3年)
藤本吉紀 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_810
キャッチャー登録ではありますが、最近はほぼDHでの出場です。
昨年から頻繁に高橋昭雄監督から打席に入る前に直接アドバイスを受けて、チャンスに強いバッティングを見せていた彼ですが、今春はまだ監督の期待に応えるような活躍を見せることは出来ていないようです。

ピッチャーの長谷川彦(2年)
長谷川彦 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_1221

ショート藤井史弥(4年)
藤井史弥 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_124

キャッチャー岡翔太郎(4年)
12-04-18_青学vs東洋_1回戦_321
現在の正捕手です。
キャッチャー出身の高橋監督は特にキャッチャーに対しては厳しいという話を聞きますが、この岡も期待されているが故に下級生の頃から厳しい指導を受けてきたようです。

特に東洋大では監督がマウンドに行って投手に声をかけるとき、マウンドを離れながらキャッチャーと二人で話をしている、という光景をよく見ることがあります。
12-04-18_青学vs東洋_1回戦_1176

ちなみに岡選手、昨年までは打撃が課題だと言われていましたが4年生の今年はなかなかレベルアップしたようで、この試合でもタイムリー2本を含む3安打と爆発していました。
岡翔太郎 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_464


こちらの写真は藤本のタイムリーで戸田に続いて生還する場面です。
岡翔太郎 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_820
岡翔太郎 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_821
12-04-18_青学vs東洋_1回戦_822
12-04-18_青学vs東洋_1回戦_823




以上、まだまだ紹介していない選手および写真も多いですが、長くなったのでここで終わります。

ちなみに昨年の高校野球を湧かせた原樹理選手(1年・東洋大姫路)もすでにリーグ戦で投げています。オープン戦の時から高橋監督が試合そっちのけでブルペンへ指導に行くほど期待を寄せている選手。

この日の試合でも最終回に登場したときには、心配そうに高橋監督が投球練習の間ずーっと横についているという珍しい姿を見ることが出来ました。
原樹理 12-04-18_青学vs東洋_1回戦_1347

原樹理選手の写真もまた改めて紹介していきたいと思います。

テーマ:社会人野球、大学野球 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。